粘土の家

自然素材の家に住もう|健康に効果的なハッピーハウス

賃貸を借りるポイント

女性

自然素材

賃貸を借りるさいのポイントはさまざまですし、また借りる人の考え方でそのポイントも変わってきます。その借りるさいのポイントのひとつが、内装に使われている素材の良し悪しです。賃貸物件の種類としては大衆向けの高級がありますが、いずれの場合も特にこだわりの家でなければ、効率の良い新建材が使われています。新建材は合板によって作られたもので、多くの化学物質を含んでいますし、長期間の使用に耐えるように樹脂でコーティングされているため、温かみに欠けます。もちろんメリットも多くありますが、その住環境が悪いと感じる人も多くいます。そのようなことから自然素材の家が注目されています。自然素材の家は内装に無垢材を用いたものです。無垢材を用いることで、木材が湿度の調整を行ってくれるほか、断熱性に優れます。また木の種類によっては芳香成分が含まれるなど健康を維持するという上で重要な役割を果たしてくれます。新建材とは異なって極力化学物質を使っていないので、化学物質に過敏な人も安心して暮らすことができます。自然素材の家といっても種類はさまざまで構造そのものから自然素材の家としているものから内装のみを自然素材としているものがありますが、居住者がもっとも多く接するのは内装ですので、内装だけを自然素材にした家でも十分に自然素材の良さを得ることができます。賃貸を借りるさいには、これら内装材にどのような素材が使われているかも選ぶポイントになります。