粘土の家

自然素材の家に住もう|健康に効果的なハッピーハウス

自然素材の中での暮らし

木の家

賃貸だと費用負担が少なめ

現在では日本の住宅の多くが、人工木材や合成樹脂などを使って建てられるようになっています。これらからは、微量のホルムアルデヒドが放出されます。そのためそれを日常的に吸い込むことで、過敏症となってしまう人が増えています。そのことから昨今では、自然素材の家の注目度が高まっています。自然素材の家とは、野山や海などから採取した樹木や土を使って建てた住宅です。自然素材からはホルムアルデヒドが放出されないので、過敏症に悩む人でも安心して暮らすことができます。また、過敏症になること自体が防ぎやすくなるので、そのために自然素材の家を選択する人も多くいます。さらに自然素材には、自然界の独特の香りがあります。特に樹木を削り出して作った無垢の板からは、フィトンチッドという癒し効果のある香り成分が放出されるのです。これにより一層過ごしやすくなるため、その点からも自然素材の家は関心を寄せられています。しかし自然素材は、人工木材や合成樹脂と比較すると単価が高く、それを多く使って建てた自然素材の家は、必然的に販売価格が高めとなっています。資金不足から購入できない人も多いのですが、そのような人のために昨今では、賃貸用の自然素材の家がよく建てられるようになっています。賃貸ですから、購入する場合と比較すると、初期費用は少なめで済みます。さらに自然素材の家では、リフォームにも多めの費用がかかるのですが、賃貸の場合はその負担も基本的にはありません。こういった利点から、住まいに賃貸の自然素材の家を選択する人は増えています。